村内ガイド

落水洋介氏講演会:難病という翼を得て

日程 2019年5月19日(日)
[午前の部]10:30〜12:00(受付10:00〜)
[午後の部]14:00〜15:30(受付13:30〜)
結い人 【講師】落水洋介さん
ステータス

申し込み受付中

イベント概要 “どんな人にでも出来ることがある”と、たくさんの人にメッセージを届ける落水さんのいのちの声は理屈で説明出来るものではなく、魂に響いて、涙がぽろぽろこぼれて、心があったかくなります。 このお話を、落水さん本人の肉声で語れるうちに、一人でも多くの方に聴いてほしい、と思いました。 落水さんは言います。“皆に助けられてる”。 でも落水さんの言葉に、たくさんの氣付きや元氣をもらっているのは私たちの方です。 そんな落水さんのトークライブ!心に響くメッセージをぜひぜひ五感で感じて下さい!
イベント詳細
【参加費】
1,500円(要予約)


【落水洋介さんメッセージ】
「僕は病気で、手足がどんどん動かなくなり、しゃべれなくなり、数年後には寝たきりになる。でも、だからこそ当たり前のことに感謝できるようになった。今はとても幸せなんだ。僕には夢がある。寝たきりになってもたくさん仕事をして、みんなに喜んでもらうという夢がある。みんなもいろんなことに感謝しながら、たくさんの夢を見つけて、楽しい人生を送ってほしい。誰もが実践できて、誰もが日常を楽しめるように。今を大切に楽しく過ごしていただくためにお話しさせていただきます。」


【講演会参加者感想】
気軽な気持ちで行きましたが、途中から涙が止まらなくなりました。「未来や過去に囚われず、今を楽しむこと」「人の想いと自分の想いは区別して考えること」など改めていろんなことに気付かされました。もっともっとおっちーの話を聞いてみたいと思いました。(30代Uさん)
 
「幸せは、他の誰でもなくその人の心が決める」そんなことを気づかせてくれたおっちーの一言一言が心にズシーンと響きました。とにかく一人でも多くの方に聞いてもらいたいです。(40代Sさん)
 
「前向きは技術」ネガティブな人も練習すれば前向きに考えることができるようになる、という言葉が心に残りました。(40代Aさん)
 
私も難病の患者ですが、何事も自分の捉え方次第で、前向きに生きる事ができる。そして、それによって未来もきっと変わる。その前向きは技術だということ。とても勇気づけられました!(40代Nさん)


【落水洋介プロフィール】
1982年生まれ、北九州出身。幼少よりサッカーをしており、小学生時代は日本代表にも選出されたFW大久保嘉人選手とともに北九州市の選抜チームでプレーしていました。社会人になりオーガニック素材の化粧品メーカーで営業・商品開発を経験。2013年にPLS(原発性側索硬化症)を発症、少しずつ身体・手足・口が動かなくなっており、数年後には寝たきりになってしまう病気。現在は電動車椅子にて活動中。北九州などの学校へ、地域の職業人と一緒にキャリア教育の講師や、ユニバーサルマナー講師、学校や企業、地域の団体などで講演を行っている。他にもデイサービスに所属し広報活動や、2018年12月には合同会社PLSを設立し障害者の就労を作る取り組みをはじめる。NPO法人Ubdobeのメルマガ『ウブマグ』にてブログ連載もしている。2016年の熊本地震後、自身の経験とネットワークを活かして、九州に特化したシャンプー&トリートメントを開発し、その売上で被災地支援を行っている。


【活動実績】
▶講演やイベントへの参加
2016年16回、2017年66回、2018年120回以上、国連ハビタット40周年記念式典パネリスト、小学校、中学校、高校、大学、病院、企業など
▶テレビ出演多数
NHK:ハートネットTV、おはサタ、TV東京:生きるをつたえる、TBS:あさチャン、FBS:めんたいプラス、TNC:土曜NEWSファイルCUBE 等々
▶記事・ウェブ
朝日新聞・毎日新聞・西日本新聞・スポーツ新聞各社、東洋経済オンライン、GetNavi、Soar、ウブマグ連載中:俺は寝たきりになるけれど 等々


【著書】
「難病がくれた宝物: 僕は今が一番幸せです」
「難病という翼を得て: 生きたいように生きていい」


【ブログ・動画・SNS】
ブログ「100万人に1人の誰も知らない病気と生きる。」
落水洋介さんのアメーバブログ

YouTube「わたしへのさよなら」
現役医師2人組ユニット、Insheart(インスハート)が落水さんのお話から制作した楽曲の映像

落水洋介さん公式サイト
お問い合わせ先 結い村 TEL:0949-22-4777
お申し込み先 結い村 TEL:0949-22-4777

 

 

イベントについてのお問い合わせはこちら

 

 

イベント一覧に戻る